今回は少し変わった話をお届けしましょう。

 

 

 

実は、私が皆さんにお届けしているエログノウハウの特典で

 

ブログ記事を100記事程度提供しています。

 

 

 

これを使えば、簡単にエログが作れて

 

動画エロタレストにも比較的早く登録できるからです。

 

 

横展開の敗北宣言はしましたが、

 

実際に私は自分の記事を活用して、

 

簡単にエログの量産をしています。

 

 

 

記事はCSVの形で提供しています。

 

 

 

なので、CSVでタイトルを変更して

 

オリジナルタイトルにすることで

 

動画エロタレストにも比較的早く

 

掲載されています。

 

 

CSVなので、ブログを実際に作るには

 

一記事一記事、本文をコピペして

 

WordPressの新規記事でペーストしていきます。

 

 

 

実はこれ、10記事程度ならともかく、

 

50記事となると結構手間暇が掛かります。

 

 

 

そこで登場するのが、CSVインポートプラグインです。

 

 

 

要は記事がCSVで出来ているんならCSV読み込んで

 

記事作っちゃえばいいんでしょ!!

 

 

まさにその通りです。

 

 

 

まさにその通りなのですが、

 

実はそこに落とし穴が潜んでました。

 

 

それは、どんな落とし穴かというと、

 

サーバーが一度に読み込めるファイル容量の設定なんです。

 

 

 

これはWordPressの設定の問題ではなく、php.iniなどの

 

環境設定の問題なのです。

 

 

 

そこに気付くまでに、有料のCSVインポート用

 

プラグインを購入したり、様々なプラグインを試してみたりと

 

ずいぶんと試行錯誤をしてしまいました。

 

 

 

要は、phpでファイルをアップロードできるファイル容量の

 

上限をphp.iniで決めているんです。

 

 

 

普通は50記事、100記事でも問題にならない程度の容量が

 

設定されているのですが、

 

まれにやたらと小さいことがあります。

 

 

 

そうすると、いくらプラグインンを有償の商品に変えようが

 

様々なプラグインをインポートしようがファイルを読み込めないんです。

 

 

あとは、CSVを読み込めるプラグインを導入すれば、

 

通常あっという間に記事を作成してくれます。

 

 

 

ちなみに私は有償版を購入してしまった、

 

「WP ALL IMPORT」を愛用してます。

 

 

あなたも私の特典を使って、

 

エログの旅に出てみませんか?

 

 

 

購入者特典はこちらからゲット!

アダルトアフィリエイトの教科書「点穴」